サラリーマンが株式&先物スイングトレードに挑戦するブログ

ボウリングの夢を達成するための1手段として投資活動をしています。このブログでは日々のマーケット動向やトレード記録等を投稿します。皆様の参考になれば幸いです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

日経平均(1321日経225ETF・1570日経レバETF)のトレードを考える

以前、日経平均株価を取引するにはETFや先物があるとお伝えしました。もう一度まとめてみます。

●1321 日経 225連動型上場投資信託(実資産:現物株式)
→日経平均株価に連動

●1570 NEXT FUNDS 日経平均レバレッジ上場投信(実資産:日経平均先物)
→日経平均株価の変動率×2に連動

●日経平均先物
→日経平均株価の現物とは全くの別物

他にも日経平均に関するETFはありますが、流動性を考慮すると、1321と1570になります。


日経平均株価201040905.JPG
現在の日経平均株価は7月末の高値付近をウロウロ。上抜けするか迷っている状態ですね。上抜けたら買うのも面白そうです。


では、ここで1321と1570の信用残を見てみます。
1321
1321日経225ETF信用残20140905.JPG
1570
1570日経レバETF信用残20140905.JPG

結論からいうと、どちらもともに信用売残が多いです。

1321の貸借倍率は通常約2以上、1570に関しては3以上あり、7の時もありました。
それほど日経平均株価が下がると考えている投資家が多いということでしょう。
また、来週は日経平均先物の最終売買日があるため、大きな変動に対応するためのヘッジ売りかもしれません。

いずれにせよ、小型株は高値更新している銘柄が多いですが、大型株は高値更新していない銘柄が多いです。
大型株に買いが入れば日経平均株価も買いやすくなると思います。
1321や1570が上がるかは、来週の動き次第でしょうか。
関連記事

| 監視銘柄動向 | 16:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://stockinvestorswing.blog.fc2.com/tb.php/119-12618adb

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT