サラリーマンが株式&先物スイングトレードに挑戦するブログ

ボウリングの夢を達成するための1手段として投資活動をしています。このブログでは日々のマーケット動向やトレード記録等を投稿します。皆様の参考になれば幸いです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スイングトレードの特徴(長所・短所、投資戦術:期間の決定)

■ポジション保有期間

カフェで管理

投資戦術の一部として、ポジションを保有する期間を決定する必要があると思います。
長期投資、優待狙いのバイ&ホールド、スイングトレード、デイトレなど、期間は様々です。

今回は管理人が考えるスイングトレードの特徴について紹介したいと思います。


■スイングトレードとは

Graph on computer in Coffee Shop
Graph on computer in Coffee Shop / ota_photos


数日~1ヶ月の間、ポジションを保有するトレード手法です。
毎日、監視銘柄のチェックや保有ポジション管理、発注を行ないますが、慣れれば30分で終わります。


■スイングトレードに至った経緯

Stock market quotes in newspaper
Stock market quotes in newspaper / AndreasPoike


投資を始めるにあたり、投資する目的や目標、投資戦略(例:アベノミクスに便乗;日本株買い)を決定した後は、ポジション保有期間や投資商品を決定します(投資戦術)。

私はサラリーマンのため、夜間の短時間で作業のできる「スイングトレード」を選択しました。

もちろん、FXをやられる方は、サラリーマンでもデイトレが可能です。ただし、会社の残業を減らしてなるべく早く帰宅する努力も必要です。

私がなぜ投資商品として「株式&先物」を選択したか?
それは別の記事で紹介したいと思います。


■ メリット

Stock Market
Stock Market / GotCredit


スイングトレード のメリットを以下にまとめてみます。

●モニターに張り付く必要が無い
パソコンのモニターをずっと見るのは眼が疲れますし、座りっぱなしだと腰や肩も凝ると思います。スイングトレードにはそのような心配はありません。

●拘束時間が短い
スイングトレードにかかる時間はデイトレと比較して非常に短いです。サラリーマンでも充分に可能ですね。
特にサラリーマンでアフター5を趣味に注力したい方には、スイングトレードはオススメです。

●大きな利幅をとれる
人気のある銘柄は上昇トレンドが継続することがあります。決済ルールにもよりますが、大きな利幅を取ることができます。


■デメリット

General Electric stock price 10 year history
General Electric stock price 10 year history / Doc Trader


スイングトレードにもデメリットがあります。

●レバレッジを大きくできない
自分の用意した資金に加えて、他から資金を調達して、より大きな資金で取引することをレバレッジ取引と言います。
スイングトレードでは、レバレッジを大きくすることが難しいです。なぜならば、急な変動に対応できず、大きな損失を被る危険性があるためです。
また、レバレッジ取引をするには、「厳格な資金管理」を実施する必要があります。

●イベントをチャンスにできない
FXデイトレの場合、米雇用統計の発表後に大きなトレンドが発生し、100Pips以上動くこともあります。スイングトレードでは機動的にエントリーできないため、チャンスをものにできない可能性があります。


■まとめ

・ スイングトレードは数日~1ヶ月で取引する
・ ポジション保有期間は生活スタイルに合わせる

関連記事

| 投資戦術 | 14:05 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT