サラリーマンが株式&先物スイングトレードに挑戦するブログ

ボウリングの夢を達成するための1手段として投資活動をしています。このブログでは日々のマーケット動向やトレード記録等を投稿します。皆様の参考になれば幸いです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

投資戦略の立て方 世界のお金の流れを見る(株式・FX)

■お金の流れ

黒田200px

投資をする上で、お金の大きな流れをつかむことは大変重要です。できればサーフィンみたいに波乗りしたいものです。

今回はお金の流れのチェック方法や簡単な投資戦略について紹介します。


■金融政策を知る

currency trading forex
currency trading forex / PinkPersimon


世界のお金の流れを知るには、各国中央銀行の「金融施策」を調査します。

具体的には、金融緩和(低金利・お金バラマキ)か金融引き締め(高金利・お金回収)かチェックします。

特に、アメリカの「FRB」、EUの「ECB」、日本の「日銀」の金融施策は確実にチェックしたいものですね。


■簡単な投資戦略(2015年12/6 現在)

主要な中央銀行の金融政策をチェックしたら、一枚の紙にまとめてみます。

投資戦略20151206 

量的金融緩和が実施されると何が起きるかは、以下リンクをご覧下さい
⇒「量的金融緩和の効果と現状は?

なお、利上げのような金融引き締めになると、その国の株価は上がりづらくなります。
(金利が上昇すると、預金等の方が有利になるため)

米日欧の金融政策から考えると、基本的な投資戦略は以下のようになります。

【株式】
日本株・ドイツ株…買い
【為替】
ドル買い(EUR/USDの売りポジションなど)


あくまで大きな流れをつかむことが大切です。お金の大きな流れに乗れば、スイングや長期投資においてトータルでは勝てると思います(当然、個々のトレードで負けることはあります)。
また、デイトレなどの超短期トレードでは不要かもしれません。

量的金融緩和をしているのに大きな金額の空売りは止めてくださいね(笑)
おそらく軍資金が無くなります。


■投資家の実力

Credit squeeze
Credit squeeze / Alan Cleaver


今後、日本株やドイツ株は緩やかに上昇すると思います。

投資家の実力が問われるのは、金融政策の転換時に素早く戦略を変更し、ポジションを変更できるかでしょうか。
具体的に言うと、日銀の量的金融緩和から金融引き締め政策になった時、「日本株買い」という投資戦略をどの様に変更するかです。

戦略を立てたら、あとは毎日マーケットをチェックして、ルールに従って淡々とトレードするだけです。
もちろん、スイングトレードされる方々はストップロスを忘れずに。
関連記事

| 投資戦略 | 17:18 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT